maktopia

make-u-topia

第2回Splatoon甲子園ジャンプフェスタ選抜に参加した

Splatoon甲子園とは

info.nicovideo.jp
Splatoonにおける現状では唯一の公式大会.
各地方でトーナメントを行い, 2月に行われる決勝大会での優勝チームが大会における最強のチームということになる.

地方トーナメントの流れ

  1. 参加チームが応募チームの中から抽選で選ばれる
  2. イカス号トーナメント(生放送に映る方)とイカス屋台トーナメント(映らない方)に分かれる.
  3. それぞれのトーナメントのTOP2のチームでトーナメントをして, 大会の勝者が決定

この記事はなんですか

地方トーナメントのうちの1つ, ジャンプフェスタ選抜にチーム「こちら偏差値S+カンスト」のメンバーで参加してきました, という話
この記事を書いているのは, 生放送で白衣を着ていた人(@Squid_mak4026)です.


  • 作戦・編成
  • 参加するときの様子

とかを書いてます.

参加するまで

応募した経緯

10月半ば, 北海道予選が行われてるのを見ていると
f:id:mak4026:20161220222629p:plain
こうなって,
f:id:mak4026:20161220223031p:plain
こうなりました.

応募したはいいものの, 後に発覚する衝撃の事実
f:id:mak4026:20161220223631p:plain
改めて弁解させていただきますが, あのクッサイクッサイチーム名を考えたのはリーダーの責任であり, 僕は全く関与してないので, よろしくお願いします.

愉快な仲間たち


当選〜当日まで

f:id:mak4026:20161220232112p:plain
ウソォン...
甲子園の予選当選メールは, 本番の2週間ぐらい前に届くので, どうせ外れると思っていたので当選が知らされるまでは特に練習はせず, 当選からの2週間でぼちぼちナワバリバトルの対抗戦をやっていった, という感じです.

大会当日

  1. 10時30分ぐらいに幕張メッセに集合
  2. 11時ぐらいに参加受付*1
  3. みんなでメシ
  4. 自分たちの参加するブロックの試合開始ちょい前にイカス号にて集合
  5. そしてイカス号の裏でスタンバイ.

作戦とか

せっかく0回戦*2を突破したので, それぞれ悔いの残らないように頑張ろうね, という話をしていて, あと個人的に(チーム名がネタな)ネタチームとして甲子園というエンターテイメントを盛り上げたいなあと勝手に思っていて, それはまあ達成できたと思います.

編成を決めるにあたって

チームメンバーは全員ウデマエS+とはいえ, 大会に多く参加しているであろうS+カンスト勢に対して, 真正面からぶつかっても厳しい戦いになるだろうということが予測されたので, なんとか撃ち合い以外の面で優位に立てないかなあということを考えました.
また, チームメンバーのメインブキが偏りがひどい(特にダイナモx2)為, バランスを整えるには僕がブキを持ち変えるのが妥当でしたが, 「好きなブキ持ちなよ」というリーダーのありがたい言葉を頂いたので, 結局, 基本ダイナモ(テスラ含む)x2+シューターx2構成で, 如何に勝ち筋を作るか,ということを考えて作戦を考えました.

ナワバリバトルというルール

3分間の試合時間の後, 最終的に床面積を多く確保していたチームが勝ち.

一般的に言われていることですが, ほとんどラスト30秒が勝敗を決します.


なんならラスト10秒とも

なので, ラスト30秒時点から, チームの塗り量で相手チームより有利に立つ必要がありました.
幸いな事に, 僕たちのチームは鬼のように塗りが強い編成なので,

  • ラスト30秒時点で塗り状況で勝っている
  • ラスト30秒の間, 人数差が生まれない

の2つを満たせば割と勝てそうな気がします.
一般にも, 塗りが強めの編成ならば,同じことが言えると思います.

甲子園という環境

知り合い同士のタッグマッチ, 日常的に行われてる対抗戦, ユーザーによる非公式な大会では, Skype, Discordなどのツールを用いたVC(ボイスチャット)による連携が行われていますが, 甲子園ではVCは実質的に不可能です.*3

さて, この状態でプレイヤーが知ることが出来る情報は以下のもののみです.

  • 自分の画面に表示されている情報
    • UIによる情報
      • 画面左上の残り時間
      • 画面上のイカマーク
      • 画面右上の自分のスペシャルゲージ
      • 画面右の味方のスペシャル発動情報
      • センサーがついている敵の場所
      • 味方のナイス/カモンによるサイン
    • 見えている敵, あるいは味方
    • 自分の近くの塗り状況
  • ゲームパッドから得られる情報
    • マップ全体の塗り状況
    • 味方の場所
  • 音による情報

なので, 甲子園の会場では, それなりの頻度でゲームパッドを見て警戒していないと, 裏取りを察知することが難しいです. しかし, ゲームパッドを見る余裕は中々作るのが難しいので, 不意の裏取りに全てをひっくり返される恐れが結構あります.*4

そして, 更に甲子園ではギアパワーがメイン3個分しかいじれない, というルールであることを鑑みて,
ダイナモローラー2枚編成の利点を考えてみると,

  • スーパーセンサーを回しまくることで,
    • 不意の裏取りに全てを崩壊させられる可能性を下げる
    • シューター陣の撃ち合いを補助する
    • どうしても撃ち合いが不利ならば, シューター陣に安全に裏取りさせて勝ち筋を作る
  • マーキングガードが採用される可能性が低く, メタられにくい
    • 甲子園が1試合1本先取であるので, センサー持ちがいなければ腐りやすいマーキングガードを採用されにくくしている

とまあ採用理由はそれなりにあると思いました.
まとめると, 「チームとしての塗り力が高い編成にすることで,無理に撃ち合いの勝負に持ち込まずに, センサー2本を回しまくって, 情報量で相手チームに勝つことで, ある程度格上の相手に対して勝ち筋を作る」というコンセプトです.
ここらへんが生放送で言ってた「センサー2本でゴリ押す」というIQが2くらいしかない発言の意図です.

弱点としては,

  • 裏取りを仕掛けにくいステージでは意味が薄い場合がある
    • ショッツル鉱山, (マヒマヒリゾート&スパ)
  • ある一定ラインで完全に固められた後が厳しいステージは打開に貢献しにくい
    • ハコフグ倉庫, キンメダイ美術館, アンチョビットゲームズ, ショッツル鉱山
  • スピコラで止まります
    • しかし, スピコラを編成のみで完全に対策するのは難しいので, 致し方ない面はあると思います.
  • リッターに弱い
    • リッターは塗りが非常に弱いために採用されにくい, リッター不利ステージが多めなこともあり, そこまで気にならないです. 逆にリッター有利ステージは為す術が無くなる場合があるので注意が必要.
  • バレルに弱い
    • スピコラほど凶悪ではないので, 塗りで圧倒して動きを制限してあげればまだ対応しようがある(?)

あたりでしょうか. まだまだあると思うけど

という感じで, 弱点はかなり多いので, ステージによって最低限のアレンジを加えてます.(テスラに持ち替え, 別ブキに持ち替えなど)

ダイナモ2枚の立ち回りについて

無印2枚の場合

コンセプトがセンサーを回しまくるという所にあるので, ある程度安定してセンサーを回せる必要があり, しかし, ダイナモの立ち回りで一般に強いとされているのは(ゾンビギア+)ステジャンと言われているという矛盾を抱えています.
ということで, 僕が生存よりの立ち回りで, みのがめくんがステジャン系の立ち回りをするという単純な妥協策で行くことにしました.
故に, ギアパワーは片方はインク効率系+スペ増, もう片方はステルスジャンプが確定しています.

ついでに, ギア1枠だけでラスト30秒の間, 厳し目のインク管理をかなり改善でき, 復活短縮効果で死亡リスクを減らすことができるラストスパートもほぼ確定で採用しました.

無印+テスラにした場合

センサーだけでは打開が厳しい場合にこちらを採用.
無印はステジャン装備で, 金色はボムとトルネードで打開の補助を行う.
こちらもラスパ採用.

各ステージごとの編成

赤文字のブキが,僕がダイナモを捨てて持ち替えてるブキ

  • デカライン高架下
  • ハコフグ倉庫
    • ダイナモ, ダイナモテスラ, わかば, スシコラ
    • トルネードによる打開力が高く, ステージが狭いためファイナルクリスタルダスト*5の効果が高いので, テスラを採用
  • モズク農園
    • ダイナモ2, わかば, スシコラ
    • ダイナモローラーはビニールシート越しにかなり塗れるため, センサーを貯めやすく, コンセプトとあっているマップ
  • ヒラメが丘団地
  • キンメダイ美術館
    • リッター3K, ダイナモ, シャプマ, ワサビ
    • 自陣から比較的安全に広い範囲を見ることができるリッターの採用価値が高いことと, リッターがいないと相手のリッターに対して為す術がないため, 採用.
  • アンチョビットゲームズ
    • ダイナモ, ダイナモテスラ, シャプマ, スシコラ
    • 最後まで編成が固まらなかったステージ. ガチエリアの場合と違ってトルネードの打開力がそこまで高くないのが難しい.
  • ショッツル鉱山
    • バレデコ, ダイナモ, わかば, スシコラ
    • こちらも編成が固まらなかったステージ. ダイナモ2枚でやってみると, ダイナモで塗りは優位に立ちやすいが, 無敵スペシャルなどで左へ突破されるとジリ貧になりやすかった.
  • マヒマヒリゾート&スパ
    • リッター3K, ダイナモ, わかば, スシコラ
    • キンメダイ美術館とほぼ同様の理由.

試合の様子

多分タイムシフトでご覧になれます
シードの為2回戦から.

2回戦(vs. Night Owl)

ステージ: モズク農園
相手チーム: バレデコ, 52ガロンデコ, ダイナモ, シャプマネオ

バレデコをいかに攻略するかが分かれ目になりました. 残り1分のタイミングでバレルを落とせたのが運が良かったです.

3回戦(vs. チーム腰痛)

ステージ: ハコフグ倉庫
相手チーム: H3チェリー, ホクサイ, ダイナモ, シャプマネオ

ダイナモ使い的にはH3チェリーが怖かったです. 試合展開は完全に綱引きで, どっちに転ぶかは全然読めませんでした.
僕がうまく動けず, 最後はトルネードを抱え落ちする悲惨な動きでしたが, 味方のフォローによってなんとか勝利.

4回戦(vs. てくぷく)

ステージ: キンメダイ美術館
相手チーム: バレデコ, 赤ZAP, ダイナモ, スシコラ

残り1分まではかなり理想的な動きだったが, そこから前線3枚が落とされてしまい,きれいにひっくり返され, 肝心な場面でバレデコを抜けずにズブズブと押し込まれ敗北. リッター3Kの劣勢に陥ると何も出来なくなるという弱点がモロに響きました.

感想

まずは, とにかく楽しかった. 編成的に厳しい相手にもうまく勝ちに持っていけたし, 最後の負けた試合も反省点はあれど, 自分は悔いがない試合にできた.
普通のオンラインのナワバリバトルクソゲー感がなくはないけど, ガチでやるとこんなにおもしろいゲームなんだと感じられて本当によかったです.


チームのメンバー, そして対戦相手の方々に本当に感謝してます.ありがとうございました.
応募を迷ってる人は是非応募してみると良いと思います!

どうでもいいこと

  • 白衣を着たのはそれっぽさを出すためで, 特に医学部生とかではないです.
    • 化学実験で使ってたやつを持ってきました.
  • イカス号チームは「イカス号に登るときにポーズをして!」と言われるので, あらかじめなんか考えておくといいかもです.
    • 僕たちはたまたま全員がメガネを持っていたので, メガネクィッのポーズをしました.
  • ヘッドホンをしてても実況の声は割と聞こえてくるので, そのせいで裏取りがバレたりする可能性が微レ存だとか
  • 1回以上勝つと生放送で喋る権利が与えられるので, 何か言いたいことがある人は頑張りましょう.
  • 勝利したチームはあまり休憩する間もなく連戦になるので, 頑張りましょう.

*1:ここで自分たちの参加ブロックが判明する

*2:参加抽選の別称

*3:ヘッドホン,イヤホンを必ずしている, 実況解説の声が結構聞こえてくるという状況で, 自分の知り得た情報を確実にチームメンバーに伝えるのは不可能だと思いました.

*4:確かEブロックのファミリーチームのパブロとかもスッと裏抜けて勝ってましたし

*5:ナワバリバトルの試合終了のロスタイムに発射するトルネードのこと. 公式用語.

i have no words.