maktopia

make-u-topia

どうにもならないこと

いろいろ書きたいネタはあったが, 迷いに迷って, 結局また過去の自分への言い訳をすることになった.


過去の自分が経験したような気がする, どうにもならないことと, それに対する今の自分の感想

人間関係に不安がある

対象

あなたは, 所属する共同体で中心的になっているナカヨシの輪の中に入っていけないと感じている. 疎外感を感じる. 例えば, Twitterや現実で, 会話や馴れ合いについていけないと感じている.

感想

別に, 性があわないと感じているなら, 無理に仲良くならなくていい. あなたがその共同体が果たすべき目的を共有していれば, あなたはそこにいていい. メンバーと仲が良いことは, 目的を達成するのに必要でも十分でもない.
ただ, 流石に険悪だと困るし, そもそも社会的な常識として, 立場上付き合う必要がある相手とは愛想よく振る舞うべきだ. しかし, 向こうに合わせて無理に馴れ合う必要はない. Twitterに例えるならば, ブロックはせずに, フォローしておくがミュートするぐらいの関係性でいればいい.

また, 信じられる友人がいないというのは, それはそれで困るので, ナカヨシグループの外縁の人や, そのグループと無関係な人々の中で, 気に入った人と適当に仲良くなっておくといい気がする.

自分が没個性的だと思う

対象

周りには個性的な人間が多い(ように見える). やたら強いキャラ付けをしている同期や先輩を見るかもしれない. あなたは, 自分が没個性的であるような自覚があり, それを補うために何か強いキャラクターを作らないと生きていけないような気がしている.

感想

無理にそんなことをする必要はない. ていうか勘弁してほしい.

  • キャラ付けという行為が, ◯◯キャラ(ツイ廃, サイコ, メンヘラ, イキリオタクetc)というテンプレートに自分を当てはめるだけの没個性的な行動であるから.
  • 造られたキャラクターで身をまとって自分の内側を見せない人間と, 腹を割って会話をしようとする気が起こらないから.
  • キャラ付けのために会話が成り立たないのが面倒だから.

個性とは, 自分に問うものだ. 結局のところ, 他人から与えられた個性ではあなたは納得できないから, 自分が没個性なのではないかと不安になっている(なることができる)のではないだろうか? 多分, それはきっと幸運なことだ. 暇な時に, コーヒーでも飲みながら, 好きな音楽でも聴きながら, じっくり考えてみるのもいいと思う.

それに, 普通っていいことじゃないか. 普通じゃない人は, きっといつまでも孤独なんじゃないかとも思う.

誰も助けてくれない

対象

何かしらの理由で, ひどく苦しい思いをしているが, 周りの人間が誰も助けてくれない, と感じる.

感想

残念なことに, 黙っていると誰も助けてくれない.

  • エスパーではないので, あなたが助けを求めているかがわからない.
  • エスパーではないので, あなたに介入していいかどうかがわからない.
  • 周りの人間にもあなたを助けるだけの余裕がない

本当にあなたが助けを求めているなら, それを外に発信しないと現状は変わらない. 大体困っているときは, ひとりで抱え込んで, 人との会話が不足している場合が多いので, 話すだけでなんとかなったりする.
助けを求めているのに, 誰も助けてくれないのは, (これまでに十分な徳を積んでいれば)周りが忙しいからなので, 早めに音をあげるとか, 賢い助けられ方を身につける必要がある.

反省

ちゃんと書くことは事前にまとめておきましょう.

i have no words.