maktopia

make-u-topia

Splatoon2 プラベの戦績を元にガチパワーを計算するbotを作った

github.com

プラベの戦績を元に自動的にガチパワーっぽいものを計算してDiscordに投稿してくれるbotを作りました。
最近のNode.jsを動かせる知識とPC (+ググり能力) があれば誰でも利用できます。殺伐としたガチンコのプライベートマッチをやりたい人は使ってみると面白いかもしれません。

ただし、このツールは非公式のツールで、任天堂株式会社とは一切関係ありません。また、無保証です。これを使って起きたトラブルに関していかなる責任も負えません。

ガチパワーっぽいものは、Glicko2レーティング*1で計算します。実装が間違ってたらプルリク送ってください

  • 動いてる雰囲気
  • プラベ中に動かしてみた 右下のDiscordの画面が途中で変わります。

あらすじ

Splatoon 1時代

「普通のプライベートマッチでは、失うものがなくてスリルが足りない・・・」
→ 「ガチマッチと同様にウデマエを計算して†プライド†を賭ければいいのでは??」

というわけでGoogle スプレッドシートで仮想的にウデマエを管理して遊んでた。(仮想プラベと呼んでいた)


Splatoon2 発売すぐの夏

フレンドのキンメモドキさんがプラベでウデマエ測定botを作った。

ガチパワー変動のアルゴリズムが謎だったので、とりあえずヒューリスティックに実装されていた。

おとといぐらい

Twitterで「スプラトゥーン2内部でガチパワーを計算するアルゴリズムが判明したらしい」というツイートを見た僕が、キンメさんのソースを改造した。
ガチパワー変動のアルゴリズムをそれっぽくし、ついでにbotの文面をいろいろキレイにしたりした。

感想

Node.jsの書き方の気持ちを5mmぐらい理解した気がする。
他人のソースを書き換えるの背徳感があっていいと思いました。

thisが嫌いになった

*1:本家で採用されているらしいという噂

i have no words.