maktopia

make-u-topia

Splathon eXtreme - Draft Tournament #3 に出場した

―― 今、この世に蔓延る

プライムシューターベッチュー
エクスプロッシャーカスタム
ラピッドブラスターベッチュー
スプラスピナー

...などの強ブキ達をコテンパンにするために生まれてきた男――
そう、それこそが...


f:id:mak4026:20190324220835j:plain

もみじ怪人

最初に弁明しておくと、このネタはあとばるさんの動画のパロディです。

面白いから見てください。

というわけで、Splathon eXtreme - Draft Tournament #3 に参戦してきました。
www.openrec.tv

結果は、全負けと完全に「お前はただのネタ要員かよ」みたいな成績だったのですが、試合内容自体は熱く、チームメンバーにも恵まれたのでめっちゃ楽しかったです。

イベント自体の説明をしながら振り返りをダラダラと・・・

イベントについて

Splathonとは

スプラトゥーンを遊んでいる社会人のコミュニティです。僕は社会人0年目、絶賛就職活動中ですが、縁があり入れてもらいました。
同名の企業対抗戦オフラインイベントは、このコミュニティが主催しているオフラインイベントです。
maktopia.hatenablog.com

eXtremeシリーズとは

コミュニティの中には、ウデマエAぐらいの方からXP2700超えの怪人まで、幅広い層の方がいらっしゃいますが、

「ウデマエXの超上手いやつを集めてバトらせたら楽しくね?」

という趣旨のオンラインイベントシリーズです。
オフラインイベントの企業対抗戦とは異なり、企業の看板をかなぐり捨てての戦いです。

Draft Tournament #3について

ドラフト杯の3回目のイベントです。
主将陣のドラフトを行い、そこから即試合が始まります。
前回以前とは異なり、今回は運営による参加者の完全招待制となり、最近Splathonに加入した人材を中心に集められたらしいです。

ふりかえり

招待

f:id:mak4026:20190324223957p:plain
ある朝(昼)目覚めたら、SlackのPrivate channelに突然ぶち込まれ、「今日は皆さんに、ちょっと殺し合いをしてもらいます」 と言わんばかりの雰囲気の中、イベントの開催が告知される。
参加する面々の強さを見て震えるも、参戦を決意。

選手登録 / 参戦インタビュー

XP・持ちブキなどを登録する必要があったが、普段の持ちブキはバケデコ・黒洗濯機・エクカスであるものの、自分の最高XPを記録したブキがもみじシューターであったことを思い出す。
自分の持ちブキアイデンティティに悩んだ結果、結局もみじシューターを持ちブキとして登録することに。

そうしてヤケになった結果、参戦インタビューで謎の怪人「もみじ怪人」を生み出してしまう。

完全に深夜テンションで生み出した黒歴史だったのだが、Slack内で謎の反響を呼んでしまい、配信の説明文にも乗っかってしまったりしてしまう。黒歴史が永久保存された瞬間である。

f:id:mak4026:20190324225106p:plain

ドラフト、チーム名決め

冷静に考えて僕は余るだろうなと思ってたんですが、嬉しいことに2巡目に被り指名を頂いて嬉しかったです。
陽キャカンストことにとれすチームに入れたので、チームの雰囲気は良さげだったので安心しました。

チーム名をサクッと決めないといけなかったのですが、竹が(Ladderで相手をするとき僕が気が狂いそうになるぐらい)うまいうどんさん、ホクサイ・パブロの爆発力がやばいババンバさん、そしてなぜかもみじを愛する男になってしまった僕を擁していることから、「ブキ愛カンストというチーム名になりました。

Round1 vs. 洗剤は遅れてやってくる

1戦目 ガンガゼヤグラ

中盤逆転を取れたのはよかったものの、残り1分段階で意図せず僕が裏に入る形になってしまったせいで、ヤグラを止めに入れなかったのが悔やまれる試合になりました。
僕の意図としては、裏に入ってしまったのはしょうがないので、アメフラシをためてヤグラに投げ込みたかったのですが、とりすしさんに阻まれてしまいました。
リスポーンに帰るを選択すれば未来はあったかもしれなかったですが、結局もみじのブキ性能では正面からヤグラの進行を妨害できないので厳しかったような気がしています。

2戦目 海女美ヤグラ

僕としては戦果はあまりなかった気がしますが、命の価値が軽い僕がデスしている間に、ババンバさん、うどんさんが大活躍を遂げてくれたおかげでノックアウトできました。

3戦目 チョウザメエリア

序盤は非常に良かったですが、正面に偏ってしまったせいで、左から侵入したあらしDさんに崩されてしまい、そしてリスジャンの操作をミスってしまったために敵高台に何故か入ってしまった・・・
結果的にあまり時間も稼げず、打開の起点にも出来なかったのでかなり痛いミスでした。つらい。

4戦目 エンガワヤグラ

序盤〜中盤までこちらが複数人落とされている状況が続いていたので、自分の戦闘力では対応できず押されまくってたのが辛かったです。
なんとか10で止めたところで逆転の目を作れたので、全く諦めてなかったんですが、ヤグラに乗ったのに最後の最後にさんこさんに抜かれてしまったのでゲームセット・・・

Losers Round1 vs. 物理で殴る

1戦目 エンガワアサリ

スパジャンガチアサリシュートミスる奴おるぅう〜〜〜〜〜〜????なあまけトピアさんよぉ?????
最後の最後で焦りまくってクリアリングしないままにビニールに降りたのも完全にアホムーブなので、メンタルの弱さが出まくりました。

2戦目 バッテラアサリ

(忘却の彼方)

3戦目 オートロヤグラ

結構がんばった(気がする)
第1カンモンは早々に諦め、カウント45ぐらいで一度アメフラシで進行を止め、それでもやっぱり止まらなかったので、第2カンモンでアメフラシを投げ、詰めてきたプライムを倒せたのは、役割をなんとか果たせたと思います。
味方がバチバチにキルを取ってくれたおかげでヤグラが進み、逆転。
最後にアメフラシをヤグラに降らせて無事勝利。

4戦目 海女美エリア

だいたいいい試合展開だったが、最後の打開をミスったのが痛かった。僕のスフィアをどこで割るのかを迷い、判断を間違えました。
タワーからエクスロを降ろして、自分の視界にいたデュアル・プライムを下げさせようという意図だったと思うんですが、自分の意図をチームに伝えられずに、意思統一があまり図れてなかったので、ペナルティをつけることもママなりませんでした。本当に申し訳ない。

観戦タイム

負けてからは普通に配信を見てました。
チーム「ぬりブラ」がコンセプトが面白かった上に謎の強さを見せつけていたのでめちゃくちゃおもしろかったです。これがhakuriさんなんやな・・・
あと、チーム「物理で殴る」のかみじろうさんの上手さが次元が違うレベルで感動してました。
洗剤のさんこさんが上手いのは前から重々承知してましたが、配信で見るとマジでドン引きするぐらい上手いと思いました。スフィア終わりからの道連れキルをバンバン持っていくのとかマジで。

まとめ

負けたけど、マジで楽しかったです。やっぱゲーム真剣にやると楽しいです。悔しいけど。
メンタルの弱さはマジで改善ポイントですね。歳を食えばマシになるんでしょうか。精進していきたいです。

ドラフトということでどういうチームになるかドキドキだったんですけど、それぞれやりたいことをやって、それがうまいことハマっていたんじゃないかと思います。結果は振るわなかったかもしれないけど、即席とは思えない本当にいいチームでした。ふがいない自分とチームを組んでくださったみなさんに感謝です。

最後になりますが、運営&配信チームの皆さんありがとうございました。お疲れ様です。配信トラブルがいろいろあった中、イベントが最後までやれて本当に良かったです・・・本当に楽しませてもらいました。

余談

ひっそりと運営の手伝いをさせていただきました。
配信の冒頭で流れていた、「選手紹介シート」のデザインをやらせてもらいました。
パラメータを振ったのは僕じゃない運営の人です。
f:id:mak4026:20190324235224p:plain

選手としても参戦していたミズハラユキさんのアイデアを、見た目いい感じにしたという経緯です。
まあまあかっこいい感じになったので嬉しい。

...?

これは一体なんなんだ?
f:id:mak4026:20190324234753p:plain

i have no words.