maktopia

make-u-topia

#CEDEC2019 行ってきた

cedec.cesa.or.jp

f:id:mak4026:20190907203345j:plain
来たわよ

ゲーム開発者とそこらへんに関係する人の集まるカンファレンス、CEDECに行ってきました。
3日間とそれなりに長丁場で疲れましたが、うちの大学ではなかなか聞けないような話をいろいろ聞けて楽しかったです。

f:id:mak4026:20190907204926j:plain

1日目

朝9:45からの基調講演に・・・

9:45!?!?!?!?

あまりにも早すぎる(まけトピア比)ので、前日はちゃんと早めに寝たんですが、布団に入ったのに入眠に失敗し、ほとんど寝てない状態で突撃することに。
はい地獄

基調講演

cedec.cesa.or.jp

TETRIS EFFECTの人
www.youtube.com

TETRIS EFFECTの前身にあたる Rez Inifinite やそれ以前からつながるゲームづくりに対するテーマを非常にわかりやすく解説して、将来どうなっていくかの話がなされていてとてもおもしろかったです

DRL AI

たしかFFXVのところ
cedec.cesa.or.jp
行こうと思ったけど部屋がいっぱいで入れなかった

軽くタイムシフトみたけど、アカデミアの考える強化学習AIの形と、現実的に利用されるときのされ方に大きな乖離があるように見えて悲しい気持ちになったりしました。

エスコンのナラティブ制作

cedec.cesa.or.jp

↑が埋まってて流れ着いたセッション

シナリオとゲーム部分をどうやって噛み合わせるかを(アニメ制作でいう)制作進行的な部分とサウンドプログラミング的な部分から解説していて、自分の興味とも合致していて聞いてて楽しかったです

ていうかエースコンバットのシナリオ制作が この世界の片隅に の片渕監督だということをここで初めて知りました。

Google Cloud

cedec.cesa.or.jp
Googleすごい!(小並感

オセロニアAIの話1

cedec.cesa.or.jp

ゲームのAI活用で有名なDeNA
前半が組織づくりの話で、後半がやろうと思うにはちゃんと準備が必要だよ(特にシミュレータ!)という話
シミュレータ大事なのは本当にそれはそうというお気持ちになった(シミュレータの動作が怪しくてモチベがあがらない修論から目を背けながら)

質問タイムで登壇者の方とお話する機会があって、そちらの話も面白かったです

2日目

1日目から帰宅してきたら、寮で「温泉(スーパー銭湯)行こうぜw」という話になり、サウナと水風呂マラソンをしてバッチリ出来上がった状態で寝たので元気になった

ハル研

cedec.cesa.or.jp

f:id:mak4026:20190910143738j:plain
スライドがかわいかった

人がいっぱいだった
ハル研がこういうところで登壇するのはレア?らしい*1

「ツールに振り回されない」「デバッグしやすい」「プログラマ以外でもあつかいやすい」をテーマにどういうことを具体的にやってきたのかが非常にわかりやすく話されていて、聞いてて楽しかったです。
ただ、内製○○○○の話がいっぱい出てきたけど、内製プログラミング言語とか内製VMとか出てきたは「流石に変態だな」と思いましたまる

オセロニアAIの話2

cedec.cesa.or.jp

デッキのタイプを適切に分類するモデルを作った話とそれを使ってどうやってアップデートでのテコ入れを入れていったのかの話
内容がかなり実践的で、特に開発者が想定してなかったデッキタイプを検出できた話が聞けたのはよかった

CEDEC AWARDS

生の桜井さんを見れてよかった(小並感)

3日目

スマブラセッションを回っていると1日が終わる日
そしてスマブラセッションは待機列がえげつないことになってました。さすがスマブラ・・・

スマブラ 3Dグラフィックス

cedec.cesa.or.jp
cedec.cesa.or.jp


割と当然のように受け入れているスマブラのグラフィックスをどうやって作っていったかが、キャラクター・ステージのそれぞれでかなり具体的に解説していて面白かった
処理負荷対策の話もよかった(Switchではいろんなゲームが60fpsを諦めてる中でスマブラは60fps出しててほんとうにすごい)

スマブラ 開発環境

cedec.cesa.or.jp
ハル研セッションと内容がかぶる部分もあり、概ね存在する共通の課題に対してそれぞれのチームで愚直に向き合っているんだなあとおもいましたまる

スマブラ サウンド

cedec.cesa.or.jp

スマブラスマブラっぽくするサウンド要素として「ヒットSE」や「歓声」が紹介されて、どういうところにこだわっているのかを実際に音声素材を流しながら紹介してくれたり、なんとメニューBGMのステム*2を流してくれたりと超贅沢なセッションでした。

メニュー音楽の工夫の話は
note.mu
で外の人が解説していたやつですね。だいたいあってた。

「半音あがりの転調から戻ってくるのは難しいんですけど、えいやっとやっちゃいました」

おわりに

自分の触ったことあるあの作品がどんなことを考えて作られたのかを聞くことができる貴重な機会を得られて、自分の知識欲を満たせてよかったです。

アカデミア的な学会と違って、怖い人が激詰めしてるような場面に出くわすようなことはなかったです。平和だ・・・
あとタイムシフト視聴で行けなかったセッションをあとから見ることができるのがかなり便利でした。もっと一般普及してくれ。頼む頼む
スライドも公開してくれてありがたいです。もっと一般普及してくれ。頼む頼む

*1:そもそも作品のリリースサイクルが他の大きな会社と比べてゆっくりだからそういうものという感じがある

*2:ドラム帯やストリングスなどごとに、パート分けされた音声データ

i have no words.